起業家の方必見!ビジネスを成功させることができる貸会議室

節税対策をする

拍手する男女

東京のマンションやアパート経営では、しっかりと管理をしなくてはいけません。入居している方とのトラブルを防ぐためにも大事な作業になります。経営者の収入が多くなると、個人で経営しているよりも法人化して不動産管理会社にした方がメリットは大きいはずです。東京でマンションやアパートを経営する場合も、不動産管理会社を設立して、賃貸管理をすることでメリットが沢山あるでしょう。

不動産管理会社を設立することで、税率を下げることができるでしょう。東京に所有しているマンションやアパートを個人で賃貸管理すると、所得税が大きくなります。日本の所得税は、収入が増えるとその分だけ税率も上がってしまうシステムです。そのために、マンションやアパート経営が順調で個人の収入が増えると、所得税も高くなるでしょう。ですから、不動産管理会社を設立して、法人化することで税率が下がる場合もあります。これにより、多くの収入を得ることができるでしょう。

また、東京のマンションやアパートを法人化した不動産管理会社が賃貸管理することで、節税対策の選択肢をたくさん持つことができます。小規模企業共済や倒産防止共済などの多くの節税対策があるので非常に便利になっています。それだけでなく、相続税も節税することが可能になります。法人が所有している建物は相続の際もメリットがあります。マンションやアパート経営は賃貸管理をしなくてはいけませんが、大事な収入源になるので相続を検討している方は、不動産管理会社を設立して法人化してください。